街路のライフサイクルアセスメントの取り組み

土木構造物のLCA(ライフサイクルアセスメント)低減に向けた取り組み

 土木構造物におけるLCA(ライフサイクルアセスメント)とは、土木構造物のライフサイクル全体(資源採取―原料生産―製品生産―土木構造物建設-維持・修繕-廃棄・リサイクル)又はその特定段階における環境負荷を定量的に評価する手法です。LCAは、ISO(国際標準化機構)による環境マネジメントの国際規格の中で、ISO規格が作成されています。
 現在、LCAの一手法として、土木構造物AとBに関連するCO2排出量をLCAを用いて比較して、よりCO2排出量が少ない土木構造物を採択する手法などが用いられています。
 街路では道路部門のコンサルティング事業として、道路構造物のライフサイクル全体(資源採取―原料生産―製品生産―道路構造物建設-維持・修繕-廃棄・リサイクル)の各工程において排出されるCO2排出量を分析し、よりCO2排出量の少ない道路建設計画や維持・修繕計画、廃棄・リサイクル計画などを提案させていただく事業を行っております。